遺産・相続財産の調査

故人が残した遺産・相続財産の調べ方

故人が作った遺言があれば、ある程度の財産の把握ができます。しかし、遺言を書いたときからお亡くなりになるまでの間に財産に変動があることはよくありますし、遺言に漏れがある場合もあります。ですので、遺言がある場合もない場合も、財産の調査は重要になってきます。財産の種類に応じて探し方をみてみましょう。

 

預金、預貯金、現金の調査

預金、預貯金の調査にあたっては、故人の自宅金庫や重要書類の置いてある箇所、財布などを探して、預金通帳とカードを確認します。最近は、インターネット専用の銀行があることから、パソコンや携帯電話のブックマークから、預金を預けている銀行を探すことも必要です。預貯金だけでなく、現金も相続財産となりますから、自宅の金庫のほか、貸金庫があるかも含めて調査する必要があります。

株式については、取引のある証券会社を探すことから始まります。証券会社の連絡先が電話帳に入っていないか、郵便物が届いていないかを探します。個別の株式を持っている会社の特定方法としては、配当についての連絡書類が自宅に残っているかを探す手段があります。株式も、インターネット取引が盛んですから、パソコンのブックマークやメールで取引履歴があるかを検索する方法も試してみる必要があります。

 

不動産の調査

不動産とは、土地と建物をいいます。土地と建物は別の不動産として取り扱われます。固定資産税の納税通知書から、故人が所有している不動産を特定することができますし、土地の権利証などの書類からも不動産の特定ができます。共有関係になっているか、抵当権がついているかなどは、不動産登記を法務局で入手することで確認することができます。

 

動産(高価な美術品、宝石、自動車)の調査

物も相続の対象になります。美術品や宝石といった物のほか、自動車も相続の対象になります。自宅のほか、物品がありそうな場所を探すことで発見することができます。

 

保険の調査

生命保険の存在も調査する必要があります。金庫などに保険証券があることがあるほか、保険についても最近はインターネットだけで手続きがすむ保険があります。インターネット保険でも保険証券が交付されますが、パソコンを調査する際は保険についてもあわせて確認しましょう。

また、口座の履歴を確認し、保険会社の引き落としや支払がないかを確認して下さい。もし、知らない保険会社名があった場合には、保険会社に確認してみるとよいです。

 

債権の調査

貸金の証書があったり、口座に定期的に第三者からの入金があったりする場合には、被相続人がお金を貸していた可能性があります。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 早稲田リーガルコモンズ法律事務所(遺言相続) All Rights Reserved.