相続の基礎知識

(1) 相続とは・・・

相続とは、被相続人の死亡の時において被相続人の財産に属した一切の権利義務(但し、被相続人の一身専属的な権利や祭祀に関する権利は除きます。)を承継することをいいます。

 

(2) 相続人とは・・・

相続人とは、相続により被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する者をいいます。相続順位は以下のとおりです。

第一順位 被相続人の配偶者と子
第二順位 被相続人の直系尊属
第三順位 被相続人の兄弟姉妹

つまり、第一順位の相続人である子がいない場合は、第二順位である直系尊属が相続人となり、子も直系尊属もいない場合は、第三順位である兄弟姉妹が相続人になります。なお、配偶者は、いずれの場合も第一順位の相続権を有します。

 

※ 代襲相続とは・・・

代襲相続とは、被相続人の子又は兄弟姉妹が相続の開始以前に死亡するなどして相続権を失ったときに、その者の子(被相続人の孫や甥・姪)が当該死亡した者に代わって相続することをいいます。この代襲相続は、被相続人の直系卑属(被相続人の子と孫が死亡した場合のひ孫等)であれば発生するが(再代襲あり)、被相続人の兄弟姉妹の子の子(被相続人の大甥・大姪)については発生しない(再代襲なし)。

 

(3) 相続人の相続分

相続人が数人あるときは、相続財産は、共同相続人の共有となって、各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継します。

 

指定相続分

被相続人は、遺言で共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができ、これにより定められた相続分を指定相続分といいます。

 

法定相続分

遺言による相続分の指定がないときに、法律の定めに従って当然に定められる相続分を法定相続分といいます。

① 子と配偶者が相続人のとき
→ 子の相続分と配偶者の相続分は1:1

② 配偶者と直系尊属が相続人のとき
→ 配偶者の相続分と直系尊属の相続分は2:1

③ 配偶者と兄弟姉妹が相続人のとき
→ 配偶者の相続分と兄弟姉妹の相続分は3:1

 

(4) 遺産分割

共同相続人は、被相続人が遺言で特に禁じた場合を除いて、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができますが、遺産の分割について共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、その分割を家庭裁判所に請求することになります。

 

(5) 相続の承認・放棄

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続について、単純承認、限定承認、相続放棄のいずれかをしなければなりません。そして、相続人がいったん相続の承認や放棄をするともはや撤回することができなくなりますので留意が必要です。

 

単純承認

相続人が単純に相続の承認をしたときは、何らの制限なく被相続人の一切の権利義務を承継します。また、相続人が次に掲げる行為をした場合も、原則として単純承認をしたものとみなされます。

  1. 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき
  2. 相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき
  3. 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき

 

限定承認

限定承認とは、相続人が相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務等を弁済すべきことを留保して相続の承認をすることをいいます。
相続人が限定承認をしようとするときは、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続財産の目録を作成して家庭裁判所に提出し、限定承認をする旨を申述しなければなりません(要式行為)。また、相続人が数人いるときは、当該共同相続人全員が共同して裁判所に限定承認をする旨を申述しなければならない点にも留意が必要です。

 

相続放棄

相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされますので、その者に子がいたとしても、代襲相続は発生しません。なお、相続の放棄をしようとする者も限定承認と同様にその旨を家庭裁判所に申述しなければなりません(要式行為)。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 早稲田リーガルコモンズ法律事務所(遺言相続) All Rights Reserved.