相続トラブルに巻き込まれたら

相続トラブルに巻き込まれたり、巻き込まれそうになったりしたら、まずは専門家に相談してください。

被相続人(多くの場合、親だと思われます)がなくなったときには、仲がよかった相続人間の関係も、実際の財産を分ける段階になると、長年の想いや不満等が吹き出し、なかなかうまく話し合えない、トラブルになり合意に到りそうもない、ということはよくあります。
そのような状態になったら、どうすべきでしょうか。

まずは、遺言の有無の確認です。
遺言があり、それが他の相続人の遺留分を侵害していないとき、遺言に基づき遺産分割を行うことになります。
ですので、遺言があればそこから相続の話をスタートすることができ、かつ、その遺言がしっかりと考えられたものであれば何のトラブルもなく、全て解決します。

それでは遺言がなかった場合、どうするのでしょうか。
その場合、相続人間で、相続財産を、民法に規定されている法定相続分の割合に従い分けることになります。
しかし、「法定相続分の割合に従い分けることになる」と一言で言うと簡単ですが、ここから色々なことについて合意しなければなりません。

例えば、

  • 相続財産の範囲(本人名義以外で財産がないか、他の相続人が隠していないか)
  • 寄与分の有無(生前の看護や事業への手伝いがあったのか、またそれらをどう評価するか)
  • 特別受益の有無(贈与があったのか、それを相続財産に含めるかどうか)
  • 具体的な遺産分割方法(誰がどの財産を相続するか)
  • 祭祀承継の問題(お墓などは誰が受け継ぐか)

などです。
相続トラブルは、感情的な問題がからみ、一旦すれ違うと簡単に解決できなくなります。実際、相続財産の範囲から始まり、祭祀承継まで全てのことについて数年間にわたって争いになることも珍しくありません。一方、感情的な対立がなければすぐに解決する場合もあります。

ですので、相続トラブルに巻き込まれたら、または巻き込まれそうになったら、感情的な対立が決定的な段階になる前に互いに専門家に相談し、冷静な話し合いができるよう心がけることが大切です。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 早稲田リーガルコモンズ法律事務所(遺言相続) All Rights Reserved.